変わる別荘のイメージ

別荘と言えば、一部の富裕層が避暑や療養、仲間との交流を楽しむために所有する、豪華な建物をイメージする方も多いでしょう。しかし、最近は週末住宅、セカンドハウスというもっと気軽な表現も登場しており、一般層でも無理なく管理できるスタイルの別荘に注目が集まっています。日常生活を離れて趣味を満喫したり、普段都会暮らしの子供たちが、のびのび過ごすことができる家族の交流の場としてなど、用途に合わせた自由な間取り、デザインの別荘が増えています。

目的とコスト意識をもって探そう

別荘物件は、戸建てからリゾートマンションまで、専門の不動産サイトでも豊富に紹介されています。軽井沢や熱海など、首都圏からのアクセスも良好の人気別荘地では、特に物件情報が多いです。共同所有や会員制リゾートなど、所有以外にも別荘ライフを楽しめるサービスが登場しており、初期費用を抑えた別荘探しも可能になっています。サービスが多様化しているからこそ、滞在の目的を明確にし、コスト意識を高め、購入以外の選択肢も検討してみるのがおすすめです。

別荘購入・資金調達のコツ

別荘購入を決定したら、費用を用意する手段を検討します。若い世代の購入も増えてはいますが、別荘購入の中心世代は依然として中高年で、8割の方は全額貯蓄で賄っているというデータもあります。しかし、多くの金融機関では別荘購入・建築にも利用できる住宅ローン商品を展開しており、条件を満たせば住宅ローンのように比較的低い金利で融資を受けることができます。フリーローンでのみ対応しているという金融機関もあるので、まずは情報収集をしてプランを比較してみましょう。

房総の別荘に対する人気が高まっています。なぜなら、風光明媚な土地柄ですし、物件が豊富にそろっているからです。

Categories: 未分類

Comments are closed.